どんな良い筆でも、お手入れ方法で筆の寿命は大きく変わってきます。長くご愛用いただくために、初めの筆のおろし方やその後の筆のお手入れ方法をご紹介します。

筆のおろし方

広島筆産業の熊野筆には、捌き筆とフノリで穂先を整えた筆があります。捌き筆はそのまま使用できますが、穂先を整えた固め筆の場合は「筆をおろす」必要があります。

フノリの有無

太筆の場合

太筆のほぐし方

穂の先端から3分の2くらいまで、指先でゆっくりと少しずつほぐしてください。穂先が硬い場合は、水に浸しながら、少しずつ丁寧に揉みほぐしてください。ほぐした後は、墨(墨液)を含ませ、紙の上で穂先を慣らしてから使って下さい。

細筆の場合

細筆のほぐし量

小筆や面相筆などの細筆は穂先をフノリで固めています。ほぐし方は、太筆と同じように指先で少しずつ丁寧にほぐしてください。穂の先端から3分の1くらいをほぐして使って下さい。これらの細い筆は特に穂先が重要ですので、筆おろしも慎重に行ってください。太筆に比べ毛の量が少ないので、水に浸けなくとも指先でほぐれます。

ご注意

穂先を突くような乱暴なほぐし方は、絶対にしないでください。毛先が折れたり、毛に癖が付く原因になります。

筆のお手入れ

使用後の穂の中に墨が残っていると穂先が固まって使えなくなったり、穂先が割れてしまう原因となります。また、十分に乾燥させず水分が残っていると、毛にカビが発生し毛腐りする原因にもなります。

太筆の場合

穂の中に墨を残さないように、やさしく水洗いをしてください。羊毛筆の場合は、特に丁寧にやさしくして下さい。 洗った後の筆は、穂先の形を整えながら、布や使用済みの半紙などで水分を拭き取ってください。

細筆の場合

細筆は、太筆に比べて乾燥が早いので、穂先に墨だまりが出来ないように気をつけましょう。 墨の付いた部分を水に浸し、半紙などで穂先を整えながら、水分を拭き取ってください。

筆の保管洗い終わったあとは...

十分に水分を拭き取った後は、風通しのよい日陰で、早めに乾燥させてから、保管してください。直射日光に当てて乾燥させたりヘアドライヤーで乾燥させることは、穂先を痛める原因となりますので、絶対に避けてください。

ご購入いただいた時についていたキャップは、一度おろした筆にはつけないでください。水分を含んだ穂の毛が蒸れてしまい、毛が腐って抜け毛や切れ毛の原因となります。

いろいろな保管方法

筆が乾いたら「筆巻きにまく」「筒に立てる」「筆掛けに吊す」などで保管して下さい。保管時にも直射日光を避けてください。また、エアコンや暖房器具の近くでの保管も避けてください。

筆のお手入れ方法、保管方法など...
熊野筆に関するお困りごとはぜひ筆匠古城園へ

appearance

広島市中区にある古城園では書道用品に限らず、水墨画や絵てがみなどに用いるあらゆる道具を取り揃えております。筆・墨・硯・紙をお求めの際には、ぜひ古城園スタッフにご相談ください。

熊野筆のお手入れの仕方や保管方法などのお困りごとがありましたら、是非ご相談ください。

筆匠古城園へアクセスはこちら